2008年08月18日

蔵王から

蔵王で
マーキングされたアサギマダラは、これまで各地で再捕獲されています。
138.JPG

2002年⇒福島県(2例) 栃木県(4例) 静岡県(2例)
     愛知県(10例) 三重県(3例) 大阪府(1例)
  岡山県(1例) 鹿児島県喜界島(1例)
    鹿児島県奄美大島(1例)
2003年⇒冷夏でほとんどアサギマダラが確認されず、報告はありませんでした。
2004年⇒群馬県(3例) 長野県(1例) 愛知県(1例)
2005年⇒鹿児島県奄美大島(1例) 和歌山県(1例)
2006年⇒沖縄県与那国島(1例)←1700頭マーキングした
    中の1頭で、2246km離れた地で約2ヶ月後に再捕獲
    されました。
    アサギマダラ
の渡りの日本最長記録になっています。

168.JPG

posted by WAKA at 11:03| Comment(0) | アサギマダラのマーキング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

マーキングって?

渡りをする蝶
アサギマダラがどこからどこまで移動したかを
調べるための方法を「マーキング調査」と言います。

一度捕獲したアサギマダラの羽の鱗粉(りんぷん)のない水色の
透明な部分に細い油性のペンで優しく記入します。

記入する内容は、「産地」「日にち」
「マーキングした人のイニシャル」
「個体番号」←捕獲した順に番号を付けていきます。

その記録は、「渡り蝶を調べる会」に登録します。
この会は、インターネットを利用して全国的なアサギマダラの渡りの
情報を集積している組織で、再捕獲された場合連絡をくれます。
posted by WAKA at 11:05| Comment(0) | アサギマダラのマーキング〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。