2008年08月16日

アサギマダラの大好きなもの

草地や
林の縁などに生える植物、ヨツバヒヨドリ
淡紅紫色と白色の花をつけます。
茎の高さは、1〜2mほど。7〜9月が花期。
名前の由来は、葉が主なものは4枚ずつあるので、
ヨツバ。ミツバもイツツバもあります。
ヒヨドリは「火をとる」の意味で、かれた花や葉が
よく燃えるところから名づけられたそう。

この花を目掛け、アサギマダラはやってきます。

アサギマダラのオスは、蜜のある植物から
ピロリヂディンアルカロイド」を摂取します。

蔵王の高原地帯でもたくさんのヨツバヒヨドリ
見ることができました。

142.JPG

148.JPG
posted by WAKA at 11:09| Comment(0) | ヨツバヒヨドリの蜜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。